毛穴クレンジングランキング! 毛穴汚れ、つまり、黒ずみがスッキリ!

気になる毛穴の汚れ、黒ずみをスッキリ落とす!おすすめのクレンジングをランキングでご紹介!

クレンジングの種類と選び方 クレンジング豆知識

クレンジングの種類と選び方

投稿日:

界面活性剤の量によって肌への負担が変わる

メイクをした日は必ずしなくてはいけないクレンジングですが、クレンジング料にはメイクを浮き上がらせるための油分と、洗い流すための水とを馴染ませるための界面活性剤が配合されています。

この界面活性剤の量によってクレンジング力の高さや肌への負担が変わってきます。

一般的に界面活性剤の量が多いものがクレンジング力が高くなります。
クレンジング力の高い方から順番にオイルタイプ→クリームタイプ→ジェルタイプ→ミルクタイプになります。

オイルタイプはメイク落ちがよく手早く落とせることから人気がありますが、その分油分と界面活性剤が多く配合されているため肌への負担も大きくなります。

クレンジングの種類

クレンジングの種類を肌への負担が少ない順にご紹介します。

ミルクタイプ

界面活性剤の配合量が少なく、肌への負担が少ないタイプです。
水分が多くさらっとしたテクスチャーのものが多く、クレンジングのベタつきも気になりません。
クレンジング力は低いので、敏感肌、乾燥肌の人やナチュラルメイクの時、肌の調子がよくないときにおすすめです。
ポイントメイクは専用のポイントリムーバーを使うようにしましょう。

ジェルタイプ

ジェルタイプは使いやすくクレンジング力も高いので人気があります。
界面活性剤は多く含まれているので肌への負担も大きくなるためしっかりメイクの時などにおすすめです。
乳化するのに時間がかかるものもあるので手のひらで温めてから使うと馴染みやすくなります。

クリームタイプ

油分を含んでいるため保湿力はありますが、界面活性剤の量は多めなのでクレンジング力は高く肌への負担も大きくなります。
乾燥が気になるときやしっかりメイクの日におすすめですが、クレンジングは肌をいたわりながら手早く。

オイルタイプ

クレンジング力があるため人気の高いクレンジングです。
界面活性剤を多く含み、肌への負担も大きくなります。
肌に必要な皮脂まで摂り過ぎでしまうこともあるのでクレンジング後の保湿はしっかりと。
肌の乾燥が気になるときや敏感になっている時は使わないほうがいいでしょう。

シートタイプ

拭き取るだけで手軽にクレンジングできるので旅行の時などに便利なシートタイプ。
ただ界面活性剤の量は多く肌への負担も大きくなります。
拭き取る時には肌を傷つけないように注意しながらつかいましょう。
旅行など短期間の使用がおすすめです。

どんなクレンジングを選べばいいか

自分の肌の状態やメイクの濃さなどによって使い分けるのがおすすめです。
肌の状態がよくないときやナチュラルメイクの日には肌にやさしいミルクタイプ、しっかりメイクの日にはオイルタイプなど。

また肌の負担を少なくするためにアイメイクなどは専用のポイントリムーバーを使うようにしましょう。
目の周りは皮膚が薄いのでクレンジング料の負担だけでなく、しっかりアイメイクを落とそうとゴシゴシ擦ることで肌を傷つける原因にもなります。

肌に負担をかけないクレンジングのコツ

クレンジングや洗顔は肌への負担が大きいプロセス。
大切なことは使用量をしっかり守り、肌をいたわりながら落とすことです。

①クレンジングの使用量を守る
②皮膚の強いTゾーンから馴染ませる
③力をいれてこすらない
④クレンジングに時間をかけすぎない
⑤ぬるま湯でしっかり洗い流す

肌への負担を少しでも少なくするために肌をいたわりながら手早く(長くても1分以内に)済ませるようにしましょう。

-クレンジングの種類と選び方, クレンジング豆知識

Copyright© 毛穴クレンジングランキング! 毛穴汚れ、つまり、黒ずみがスッキリ! , 2017 AllRights Reserved.