クレンジング豆知識 正しいクレンジングの方法

正しいクレンジングの方法

投稿日:

メイクをした日には必ずしなくてはいけないクレンジングですが、このプロセスはスキンケアの中でもいちばん肌への負担が大きいのものです。

クレンジングに含まれている界面活性剤はお肌にとっては刺激になる成分
肌質やその日の肌の調子、またメイクの濃さによってクレンジング料の使い分けをするといいでしょう。
どんな種類のクレンジングを選べばいいのかは下記の記事を参考にしてみてくださいね。

クレンジングの種類と選び方

クレンジングの注意点

クレンジングは正しい方法で肌をいたわりながら時間をかけずに行うことが鉄則です。
肌が敏感になっているときやナチュラルメイクの日はなるべく界面活性剤の少ない肌に優しいタイプのものを選びましょう。

①力を入れてこすらない

②ポイントメイクには専用のリムーバーを使って先に落とす

③使用量を守る

④時間をかけすぎない

⑤熱湯や冷水ですすがない

正しいクレンジングの方法

クレンジングは肌に負担がかかるので肌をいたわりながら手早く、すすぎ終わりまで1分以内を目安に終わらせるようにしましょう。

1. クレンジング料を手に取ります
クレンジングの量は商品によって異なるので添付の説明書を見て適量を守りましょう。

2. 顔全体に伸ばします
クレンジング料は顔の中で皮膚の強いTゾーンからつけ、あご、頬、目や口の周りの順に馴染ませていきます。

3. メイクと馴染ませます
指の腹を使って円を描くようにやさしく馴染ませます。

4. 細かい部分にのばします
ファンデーションが溜まりやすい小鼻の部分や唇の下など指先を使って丁寧に馴染ませます。
皮膚の薄い目元や口元などは得にやさしくいたわりながら行います。

5. ぬるま湯で洗い流します
ぬるま湯で手早く洗い流します。
フェイスラインや髪の生え際などはすすぎが甘くなるのでチェックしながらきちんと落ちるまで洗い流します。

6.タオルでふく
清潔なタオルを使ってこすらずに押さえるようにしてふきとります。

最近は界面活性剤不使用のものや天然由来の界面活性剤を使用しているものも多く出回っています。
肌への負担は少なくなっていますが、クレンジング力は低く、ウォータープルーフのアイメイクなどをきれいに落とすことはできません。

また落ちにくいからといって肌を強く擦ってしまうことで肌を傷つけてしまうこともあります。

しっかりメイクをした時にはクレンジング力の高いものを使うようにして、ナチュラルメイクの時には肌に優しいものにするなど使い分けるのがおすすめです。

 

-クレンジング豆知識, 正しいクレンジングの方法

Copyright© 毛穴クレンジングランキング! 毛穴汚れ、つまり、黒ずみがスッキリ! , 2017 AllRights Reserved.